So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

不愉快な男 [日記・雑感]

スポンサードリンク




こんな内容で書くのは滅多にないことなのですが、気になったことが
ありましたので忘れないうちに書きます。

つい先日、ウィーンの妻から知り合いに関する愚痴をたっぷりと聞きました。
その知り合いは男性なのですが、相当失礼な発言をしたとのこと。
「切ってやる!」とふだんは穏やかな妻も息巻いていたので、かなりなもの
だったと思われます。

時を同じくして、わたしの友人の女性も男性の似たような言動で、立腹して
いました。

プライバシーも関わっていますので、詳細を書くわけにはいかないのですが、
2つの事件には、ある種の男性に特有の特性が絡んでいるように思われました。

それは、女性よりも男性に多く見られる社会との関わり方です。

女性は、横のつながりを大事にします。
一般に、自分は集団の一部だ、という認識が強いです。

その為、誰かと電話したり、集まって食事会をしたり、愚痴ったり、
情報交換したり、というのが頻繁である場合が多いです。

ところが、男性は女性ほど集団で動くことが得意ではありません。
いつもみんなと一緒にいて、みんなと常に情報共有し、共感しあっているかと言えば、
おそらく女性の比ではありません。

ということは、女性の場合、仲間たちからさまざまなフィードバックを得て、
対人スキルはこまめに修正され向上しやすいのに対し、男性の場合他人からの
フィードバックが致命的に少なくなってしまう人が存在しやすい、という問題があります。

つまり、修正されないままゆがんだスタイルが定着して、暴走しやすい・・・・・


私自身、トレーダーという他人との接触が極端に薄い生活をしていますから、
常々注意すべきだと思ってはいましたが、それを突きつけられる経験をしました。

最近、ある友人の誘いで午後から数時間ほど簡単な仕事をしているのですが、
人との接触が多くなったので、いかに自分が浮き世離れした孤独な環境で
暮らしていたかを思い知らされたのです。

サラリーマンをやっていた頃より、かなり偏ってきています。笑

「このまま、自分の感覚だけでやっていったら、変人になるかもしれない」

そんな危機感を覚えました。


たいした収入にはならない仕事ですが、人との生の接触を継続的に体感できる
環境は、やはり人間には必須ですね。





スポンサードリンク



nice!(3) 
共通テーマ:マネー
前の1件 | -