So-net無料ブログ作成
検索選択

トレードの優位性 [学習方法]

スポンサードリンク




ときどき、トレーダー仲間と一緒に飲みます。
その場にはいろいろな人たちがやってきます。

稼げている人。
これから稼ぎたいと思っている初心者。
経験ばかり長く、全然稼げていない人。
自分の経験年数はまだ短いから、このまま継続していけばやがて
稼げると信じている人。

おもしろいことに、かつて稼げていて今は稼げなくなった人は顔を
出さなくなっています。笑

数年たっても継続的に顔を出す人は、ごく限られています。



トレードというのは、短期的にはどんなやり方をしても、稼げてしまうことが
あるものなのですね。
だから、たまたま稼げていた人たちはあっという間にいなくなってしまう。


そして、稼げていない人に共通するのが、テクニカル指標についてやたら
興味を持っていることです。

移動平均線やRSI、ストキャスティクスのパラメーターとか、他人の手法の
話になると身を乗り出してきます。

ローソク足の足組についても同様です。

そのうちいなくなってしまう「たまたま勝ち組」の人たちも、こういう話が好きです。


チャートリーディングを向上させれば勝てると信じている人たちが多いですね。

チャートリーディングを使用している「にも関わらず」とむしろ考えるべきで、
生き残っている人たちは、実はそれ以外の部分で独特の力を磨いています。

「ローソク足が話しかけてきた」などと、わけのわからないことを言う友人が
いますが、こいつは生き残っています。 笑
いくら説明を聞いても、よくわかりませんが、結果を出しています。



チャートリーディングにのみ重きを置いているだけでは、生き残れないのは確かな
ようです。

利益の源泉、優位性の根拠をどこにおくかという部分がもっとも重要では
ないかと、今は考えています。


これだけではなんなので、お役に立ちそうな情報を一つ。

「うねり取り」です。

もし、まだ手法が定まっていなかったら、これは学習する価値があります。


#ほとんど一日検証ばかりやっているのですが、ついに腱鞘炎が再発して
しまいました。ブログを更新する頻度が落ちるかもしれません。



スポンサードリンク



nice!(1) 

nice! 1

Facebook コメント