So-net無料ブログ作成

ウィーン街歩き 17 ホームレス [旅行]

スポンサードリンク




今朝、起きるとすぐにスーパーマーケットに行った。
最近はクロワッサンと蜂蜜を入れたホットミルクを朝食にする
のが気に入っているので、焼き立てのクロワッサンを買うためだ。

外に出ると、舗道は雨でしっとりと濡れていた。
夜中にずいぶん降ったらしい。
今日は土曜日で市場は動いていないし、SQが終わってほっとしたので
眠りが深かったみたいで、全然気づかなかった。

0610_02_R.JPG

僕はほぼ毎日スーパーマーケットに通っているのだけど、その道筋で
必ずと言っていいほど2人のホームレスに出会う。

一人は相当な年寄りの男で、教会の角の所で折り畳みの椅子に座っていて、
通り過ぎる人たちに目線を合わせず下を向いたまま、おはようと声をかける。
大半の人たちは無視していってしまうけれど、たまには小銭を与える人も
いるから、何とか続けていけるのかもしれない。

もう一人は、スーパーマーケットの入り口で、やはり折り畳み椅子に
座っている女性で、イスラム教徒がよくかぶっているようなスカーフを
している。
彼女はいつも愛想がいい。
たぶん、スーパーの店員よりも、ずっといい。

この二人を毎日見ていると、僕は複雑な気分になってくる。
日本でもホームレスは増えているのかもしれないけれど、ここではすでに
街の風景の一部になっている。
教会やスーパーに限らず、人々が日常生活で出入りするところには、必ず
といっていいくらい、小銭を放り込める入れ物を前に置いて座り込んでいる。

物乞いをしているホームレスがこんなにも日常的な風景になっていいのだろうか?

どこの国にもセーフティネットは一応整備されているに違いないのに、
街にこんなにもホームレスがあふれているとしたら、それは機能していないと
いうことになる。

今のオーストリアは経済も比較的うまくまわっていて、治安に関しても
周辺の国よりは、うんといい。

しかし、そんな国であってもこの程度にしかやれていない。
今の移民・難民問題もそうだけど、ずっと向かい合っていくしかないにちがいない。
向かい合ったところで、うまい解決策があるわけではないけれど、重要な
問題はすべてそういう意識を必要としている。



スポンサードリンク



nice!(2) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

Facebook コメント