So-net無料ブログ作成

ザキントス島 8 スーパーマーケット [旅行]

スポンサードリンク




マヨルカ島に行っていました。(これは、後ほど書きます。)
旅行中の更新は忙しいですね。

本日は、7月11日ですので、もうすぐ7月SQです。
ほぼポジション調整も終了していますので、あとはじっと待つだけです。

本日のウィーンは寒いです。長袖長ズボンは当然として、外出時には
日本で秋冬に着用するようなパーカーを羽織っていった方がよさそうな
くらいです。


今回は宿泊していたホテルの近くのスーパーマーケットについてです。
品ぞろえを見ると、この地域の特性がよく表れていました。

まずは店内の様子です。

super_01_R.JPG

暑いところですから、大きな水のペットボトルや冷えた飲料が大量に陳列
されています。

super_02_R.JPG

目を引くのは、ワインの量り売りです。
Local Wine とうたっているのですから、この周辺でつくられたもの
なのでしょう。

このタンクから自分でペットボトルに注いでレジに持っていく、という
システムです。
上に小さなカップも置いてあり、試飲もOKとなっています。

かなり豪胆な販売方法です。

3種類ありますが、どれも1リットルあたり2.2ユーロです。
かなり安いです。
その分、味もそれなりのはずです。

旅行客も買うでしょうが、これをお土産にするのはちょっと無理が
ありますから、どちらかというと地元住民が主な対象の商品です。

super_03_R.JPG

オリーブオイルにも量り売りがありました。
1リットル5.7ユーロ、1.5リットル8.5ユーロです。

これはもう、地元住民が対象ですね。
それにしても、ずいぶん大量に消費されています。

super_04_R.JPG

そして、オリーブの実です。
これも量り売りです。

味付けをしたオリーブオイル漬けです。
これも試食は自由になっています。

つまり、さっきのワインとこれで無料の酒盛り、です。(笑)

super_05_R.JPG

super_06_R.JPG

真空パック詰めの商品もあります。
これらが旅行者向けで、量り売りは地元住民向けですね。

それにしても、オリーブの実をオリーブオイルに漬けただけなのに、
これだけ多種多様な製品ができてしまうのは、まさにこの土地の
食文化の基盤なのでしょう。

super_07_R.JPG

オリーブを素材にしたボディクリーム、ボディソープなどのスキンケア
商品も、大量に陳列されています。
なんと貝殻さえも商品として、けっこう高めの値段設定がされています。
ギリシャの海岸にはほとんど貝殻が落ちていませんでしたので、おそらく
生息数も少ないのでしょう。

これらはほぼ確実に旅行者向けでしょう。



さほど大きくない店内でしたが、気候、地域の特性、販売対象者を考慮した
品ぞろえです。
日本のスーパーでは惣菜類が多いですが、ここにはほとんどありません。
そのぶん、他のヨーロッパ地域同様、ハム、チーズ類が多く、きっと
それに代わる役割を果たしているように思われます。
普通のバケットが袋詰めで売られていますから、簡単にサンドイッチを
つくれますからね。

なお、ここの特徴として、小さな平凡な店の割に野菜類が新鮮で安いです。
特に、トマトやパプリカが見事です。
実際にホテルの部屋でサラダを作りましたが、味が濃いです。
さすが太陽の国です。
ウィーンのスーパーが太刀打ちできないところです。



スポンサードリンク



nice!(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

Facebook コメント