So-net無料ブログ作成
検索選択

オプショントレードのお誘い 2 (ボラティリティ) [相場観]

スポンサードリンク




オプショントレードに原理的に備わる優位性について書く前に
ボラティリティを明確にしておく必要がありました。

オプションではボラティリティとして標準偏差を使います。
標準偏差とは統計学の中心となる変数です。
真の値は分からないので、実在するサンプルから抽出して
散らばり方を調べ、その値を推定します。

オプションでは満期における日経平均の分布という概念を
用います。
すでに起こってしまった過去のボラティリティは実在しますが、
満期という未来のボラティリティはまだどこにも存在していません。

すでに起こってしまった過去のボラティリティをヒストリカルボラティリティと
呼びます。
ヒストリカルボラティリティは過去に発生した単なる事実ですから、
チャートと同じようなものです。
つまり、将来のボラティリティを考える際に、トレーダーたちはみんな
過去の動きを踏まえて戦略を立てるので不可欠ではあるけれど、しかし、
将来のボラティリティを予測できるツールではないのです。

では、将来のボラティリティとはどんなものか。
フューチャーボラティリティという概念がそれにあたります。
残念ながら、概念としては存在しても、誰も見ることができない幻の
ような存在です。
現在と未来を行ったり来たりして視点を入れ替え、予想したボラティリティが
正しかったかどうかを事後的に検証します。
未来になってから、過去になった現在を振り返らないと確認できないわけで、
要するにヒストリカルボラティリティでしかありません。

フューチャーボラティリティと混同されやすいのが、インプライドボラティリティ
です。
これは、BSモデルから逆算したボラティリティで、過去のデータを一切使わずに
単なる数値計算によって導き出したものです。
つまり、ヒストリカルボラティリティが、過去の(原資産の)継続的な価格変動を
元に算出されるのに対して、インプライドボラティリティは市場で取引されている
オプション価格から算出されます。

したがって、現時点における需給価格を反映したものであり、現状追認指数とでも
いうべき性質のものです。
モデル逆算ボラティリティであり、将来のボラティリティを予測するものではありません。


煩雑な概念がたくさん出てきましたが、これらの概念から、オプショントレードの
優位性について次回は述べたいと思います。


スポンサードリンク



nice!(2) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

Facebook コメント