So-net無料ブログ作成
検索選択

転機 [トレーダー]

スポンサードリンク




過去の記録を整理しているときに、昔書いたことが見つかって、
そのときのことが印象深かったので、その記述を転記します。

----------------------------------------------------------------------------------

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(前略)・・・・・・・・・・・・・・・・

6週間ほど続いた週間プラスの記録が、いよいよ終わりました。

自分でも、そろそろ終わってもいいんじゃないか、とおそるおそる
準備していたから終わったともいえると、たしかにそんな気もします。

だから、ほっともしているのですが、別の意味で穏やかな気分も
あります。

**さんの書き込みを見ているうちに、ふと、気になっていたことに
光があたってきました。

たいしたことではないですが、気づきがありました。






昨年チャート分析をしたときには、印刷したチャートを見て、
「この波を取るには、いったいどうやったらいいのだろう?」
と、いろんな手法を活用する方向で考えていました。

要するに、チャートをこねくり回して、目の前の波を利益に変えることに
没頭していました。

チャートの状況に応じて、さまざまな手法を使い分けることこそ、
もっとも効率的なトレード法であると信じて、なんの疑いも感じていませんでした。

「状況に応じて、いかに柔軟に対応できるか。」

「変幻自在なスタイルこそ、理想の姿ではないか。」




今は、自分にとってわかりやすい場面でなかったら、無理して
トレードしなくていいかな、と自然に思えてきたようです。

以前だったら、大きな動きがあったときに、乗り遅れると相当悔しい
思いをしていましたが、最近は特に何も感じなくなったのも、もう一つの
変化です。



「相場が自分の間合いに入ってきたときだけ、参加すればいいか。」

相場中心から、自分中心に軸が変わったと言っていいようです。



今のスタイルでは、たぶん大きくpipsを取れるというわけにはいかない
のですが、それも気にならなくなりました。

pipsが一定の水準を維持できるようになってきたら、ロットを上げて
いけばいいのだろうと考えています。


-----------------------------------------------------------------------------------------

自分から取りに行っていたときには、稼げないでいました。
それが、この「間合い」という感覚を意識するようになったとき、
「無理してエントリーする必要はないなあ」と自然に思えるようになった。

これはけっこうおおきな一歩でした。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー