So-net無料ブログ作成

断崖の通学路 [日記・雑感]

スポンサードリンク




すごいものを見つけました!


「断崖の通学路」です。


今日もトレードで特にやることもなく、昼食後にネットサーフィンをしていたら見つけました。
いかにも知っているような書き方になっていますが、私も今日初めて知りました。

今回も引用です。あまりにすごいので使わせていただきます。




なんと、この垂直の崖が通学路なんです!

断崖の通学路_00_R.JPG
http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/28/china-kids-scale-cliff_n_10188490.html より引用



断崖の通学路_01_R.JPG
動画もあります。どうやら中国みたいです。著作権をきちんと表示させます。


断崖の通学路_02_R.JPG
こんなはしごを登ります。

断崖の通学路_03_R.JPG
がけにへばりつくような絶壁のはしごです。階段ではないのです・・・

断崖の通学路_04_R.JPG
今度は、がけにしがみつきながら、左斜め上によじ登ります。
当然、命綱がないので、滑落の危険があります。


断崖の通学路_05_R.JPG
中央のごま粒みたいなのが、人間です。


断崖の通学路_06_R.JPG
この女の子は身体の大きさからして、小学校1~2年生でしょうか。
蔓を支えに、登ります。


断崖の通学路_07_R.JPG
親が背中を支えながら、登っています。


断崖の通学路_08_R.JPG
強風でも吹いたら、恐ろしいでしょうね。


中国四川省の村のようです。

72世帯が標高1400メートルの傾斜した高台に暮らしています。
崖下の町から村までの高さは約800メートルで、村人たちは村以外の外の世界に
出るためには、これらのはしごを使ったり、急斜面・がけにつかまりながら、慎重に
降りていかないといけないのです。

はしごの総数は全部で、17本。

なかでも村に直近の断崖には、ほぼ垂直にかけられた2本のはしごがあり、
合わせると100メートルの長さです!

崖下の町からこの村に登るには、2時間から4時間かかります。

ここ数年間に、落下事故で8人ほど死亡しています。

子供たちは月曜日に学校に行くためにこの崖を下り、週末に村に帰ります。
その間は寮暮らしをしています。


・・・・・・ほとんど、言葉を失いますね・・・・・

罰ゲームとしても過酷すぎます。
ほとんどレンジャー部隊の訓練と変わらないです。

こんな軽口をたたくのも不謹慎かもしれません。


動画のリンクです。4分ほどですので、ぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=ypsEhzjzIhk







スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:マネー