So-net無料ブログ作成
検索選択
学習方法 ブログトップ
前の1件 | -

夢をかなえる3要素+1 [学習方法]

スポンサードリンク




トレードで成功するのも、他の分野でも成功するのも、本質的な違いはないと
思っています。

何かの分野において、成功・達成するための一般的要素について考えてみました。




1.仕組み化

目標を達成するためには、つい「つらくても我慢してやってしまおう」という力
業に頼りがちです。しかし、これこそが継続できない原因です。

目的地がさほど明確でないまま、我慢で乗り切ろうというのですから、結果は自
ずから見えています。

達成すべき項目を明確にして、かつ、我慢という精神力を費やさない工夫こそが効果的です。

一例が、カリキュラムと時間割の作成です。

目標を達成するためには、通常何らかの学習や訓練が必要です。
それらは現在のままの自分では十分ではない、知的理解・スキル等の向上を目指
すものです。

「何ができれば、よいのか」を明確にして、時間軸に位置づける。

遊びたくてたまらない小学生でさえ、毎日時間割通りに取り組んでいれば、それ
なりに6年間の教育課程を達成できてしまう。
先人の知恵ですよね。



2.環境

その場に身を置くだけで、自然とその日のカリキュラムに取り組んでしまう環境
を準備する。

これも学校を例にするとわかりやすいのですが、小学校では休み時間になると、
次の時間の教科書とノートを机の上に出してから、遊びに出るようにさせている
とのことです。

そして、休み時間終了のチャイムがある。(移動時間を考慮して、予鈴にしてい
るとのこと)

教室に戻ると、先生がいて、すぐさま授業が始まる。

間髪を入れないのが、コツだと聞きました。

こんな風にして、自分が自然と取り組んでしまうような環境をつくって
しまえばいいのですよね。


3.習慣

1の内容を、2の環境において、継続的に自然に実践してしまうようにする。

モチベーションなど、もはや関係なくなってしまうほうが、むしろ
いいのですよね。

歯磨きと同じで、やらないと気持ち悪い。
そこまでにしてしまえばいいのです。



4.過程の重視

基本的には、上記の3要素です。

ただ、日常的に陥りやすい落とし穴がありますので、それにも触れたいと思います。


結果を求めて実践しているのですから、結果がすぐに欲しくなるのは当然です。
しかし、短期的には結果にこだわるのではなく、その日のカリキュラムを適切に
こなせたかどうかに焦点を合わせる方が、重要だと考えます。

鍛えるべき筋肉に意識を集中しながら、スクワットをこなすのと似ていますね。

まさか、その1日で、筋肉が数値に表れるほど強化されることを期待してトレー
ニングする人は、誰もいないはずです。


目標の達成という「目的地」には、カリキュラムが自然と連れて行ってくれる。

(トレードの現実とも、酷似していますね。利益は手法が持ってきてくれる。し
かも、その手法の期待値で規定されている。自分の恣意的欲望で極大化しようというの
は、無謀! 笑)


自分が意識すべきは、その日その時のカリキュラムを適切に実践できているかど
うかではないかと考えます。

ボートの一漕ぎ一漕ぎを適切に繰り返していれば、自然と対岸にたどり着くのと
同じですよね。


一漕ぎでどれくらい進んだのかで一喜一憂するのは、あまりに近視眼的評価です。


達成感・成就感にこだわりすぎるのが不合理なのも、これに起因します。
一足飛びに大きな結果を求めるのではなく、細切れにして、一口サイズで設定し
たり、その日のカリキュラムをこなしたという過程そのものに、達成感を味わう
ようにする、というような視点が大切だと考えます。


なお、このようにやってある期間継続しても、成果が思うように出ないときは、
何かがおかしいと考えるべきです。

カリキュラムに問題があるのか、それとも自分の取り組み方がまずいのか。
大きく分ければ、いずれかです。
(目標自体が壮大すぎるというのも、可能性として考えられますが、それはまた
別問題として扱うべきですから、本稿では触れません。)



何かを新しくはじめるときには、ワクワクするものです。
わたしなど、トレードを始めたばかりの時に、どんな素敵な未来が
開けるのだろうと、能天気にウキウキしていました。


しかし、当然ながら、願うだけですべてがかなうはずもありません。
夢に向かって熱く語りかけても、夢が自分に向かって語り返してくれるわけでは
ありません。

何かを達成したいのであれば、それに必要とされるものに、ただ集中して取り組
む。

楽とは言えませんが、必要なのはたったこれだけなんですよね。

つまり、具体的には、こういう目的のために「生活を再構築する」。


熱い思いは、スタート時点にはあってもいいですが、決め手となるのは「組織化
された日常生活」。

達成できたときに飛び上がって喜んでもいいのですが、それほどでもなかったと
しても不思議ではないのは、それがもう、日常生活だからなんですね・・・・・・




ざっと、こんな要素が大切だと思いますが、みなさんはどのようにお考えでしょうかね。


スポンサードリンク



nice!(2) 
共通テーマ:マネー
前の1件 | - 学習方法 ブログトップ