So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オペレッタ観賞 [旅行]

スポンサードリンク




ウィーンから2時間ほど離れた湖畔の劇場で、オペレッタを観賞した。
「伯爵令嬢マリツァ」という演目だった。

オペラとオペレッタとは違うものであることは知ってはいたが、その
愚弟的相違点とは次のようなものであるらしい。

オペラは、16世紀末から17世紀始めにイタリアで誕生した歌劇である。
それぞれの役にふんした俳優たちによる独唱、重唱、合唱やオーケストラに
よる演奏などで構成される。演奏される音楽はクラシックで、上演時間は
3時間ほどの作品が多い。

オペレッタとは、「小さいオペラ」を意味する言葉である。
19世紀後半にパリやウィーンで流行した。喜劇的な軽い内容で、オペラより
セリフが多いんが特徴である。演奏される音楽は、オペラ同様にクラシックである。


昨日のは妻が出演しているもので、昨日がちょうど初演の日であった。

IMG_4463_R.JPG

聞くところによると、6000人収容の野外ステージとのことで、こんな大きな客席が
果たしていっぱいになるのかと思ったが、開演のときにはほぼ7割がた埋まっていた。

実に華やかなステージであった。
歌、踊り、筋書きに沿った演技。
とりわけ、歌がよかった。

ソロ、合唱共に聞きごたえがあった。

お話自体は単純な恋物語なので難しくはなかったが、全編ドイツ語なので、
現地の人たちが笑えるところで笑えないのは残念だった。
しかし、歌の良さは言葉の意味を超えたところでも味わえるところである。
久しぶりに生のステージのよさを感じた。

IMG_4478_R.JPG

IMG_4495_R.JPG

と、まあ、これだけならば、小学生の夏休みの作文程度のものなのだが、
実に興味深い発見があったのでそれを書いておきたい。

会場に向かう前に、隣町のペンションの部屋で妻が
「準備をするから、下着だけでそこに立ってください」
と言うので、怪訝な気持ちで支持されるままにそうした。

すると、全身に蚊よけのスプレーを吹きかけたのである。
ほとんど呼吸困難になるくらい、濃い噴霧があたり一面にたちこめた。

そして、服を着てからも、服の上から同様に行った。

なんでも今回の会場は湖のそばなので、蚊が非常に多いとのこと。
これくらいにしておかないと、体中刺されて、たいへんなことになるらしい。

実際、上演中に客席には常時蚊の来襲が続いた。
それでも蚊をはたく音がしないところを見ると、みなさん事情は知っていて
きちんと準備をしてきたらしい。

こんな情報は地元では普通なんだろうが、旅行者は知らないから、えらいことに
なるところであった。


次に、冬物とまでいかなくても、ユニクロで販売しているライトダウンぐらいは
用意した方がいいということだ。せめて、ベストぐらいは必須だ。
もちろん、ズボンの上からはくオーバーズボンがあると、なおいい。

開演が20:30だが、その頃はまだ温かいから不要だが、日が暮れるとあっという間に
気温が下がる。
野外ステージなのでその影響は直に受ける。

つまり、温かいうちは蚊の来襲、それが収まる頃には寒さ、という順番である。(笑)

昨夜の場合、幕間の30分間休憩で着用するとちょうどいいタイミングだった。


注意事項はこれにとどまらない。

野外ステージなので、椅子は鉄製である。
あたりまえだが、非常に硬い。
座り心地は最悪なのだ。

3時間にも及ぶ長丁場を乗り切るには、気合だけではもたない。

毛布が効果的なのである。

つまり、普通の毛布を折りたたみ、椅子の背あてから座面、膝の後ろが当たる
ところまで覆いつくすようにするのだ。
毛布のサイズによっては、太ももから足元までくるむこともできるはずである。

こうすると、寒さをこらえずにステージを楽しめる。

これら3つの対策は体験してその有効性を確認できた。
なんでもやってみないとわからないことがいっぱいある。


サバイバル的なことばかり書いてしまったが、この趣味はとても優雅でもある。
臨時の船着き場から、ちょっとばかりおしゃれをした人たちが船から降りてきていたし、
上演前や幕間には、ビールやワイン、カクテルを楽しむ人たちがたくさんいた。
これらの人たちが、上述の3つをわきまえたサバイバーでもあるというのは、新鮮な
発見である。

IMG_4465_R.JPG

IMG_4468_R.JPG

IMG_4457_R.JPG

IMG_4484_R.JPG


#ところで、SQは予想外の高値で清算されました。
 わたしは微益で終了です。(笑)
 この高値、やはり違和感を感じます。
 これからボラが高くなるのでしょうかね。



スポンサードリンク



nice!(2) 
共通テーマ:マネー